株式会社萬野屋 > 会社概要

漁師が行きつけの鮨屋、農家が食べる無農薬野菜、プロの精肉問屋が唸る焼肉屋! 萬野屋は、肉屋が本当に食べたい肉を追求し肥育牧場の環境、血統、餌のこだわりだけに留まらず 雌牛の肉質を重視し、内臓まで一頭丸ごと使用する店(全80部位)特にホルモンの鮮度管理においては、 部位により品質保持時間を決め今まで体験した経験を元に「もし!自分が食べるんだったら?」を念頭に 正直な肉屋を貫き直球勝負しています。肉の事ならお任せください。

名称 株式会社 萬野屋
本社所在地 〒543-0043 大阪府大阪市天王寺区勝山4-10-25 ガード下番号116-117  [ Map
設立 1997年9月
開業 1999年6月
資本金 1000万円
代表者 代表取締役 萬野和成
事業内容 食肉卸・小売販売、ネット通販 飲食店経営(焼肉店、肉料理店 計8店舗) 食肉の捌き、調理技術研修指導、飲食店プロデュース (焼肉、肉料理、鉄板焼)食肉アドバイザー
従業員数 170名

2017年 【年末】 JR大阪駅 ルクアB2バルチカに「やきにく萬野」(新業態)を出店予定
2016年 【7月】 「肉卸 萬野屋 別邸」梅田 お初天神横街に開店 【8月】 第三回 萬野屋フォーラム開催 統轄店長制度を導入
2015年 【1月】 「極雌 萬野和牛 Mannoya Premium Queen’s Beef」ブランド化に向けスタート 【3月】 「にくや萬野」お初天神裏参道店 開店 【8月】 第二回 萬野屋フォーラム開催 萬野屋プロデュース ジャクソンビーフステーキハウス 松井山手オープン
2014年 【3月】 専務取締役に菅野功就任 【4月】 第一回 萬野屋フォーラム開催 事業計画並びに会社理念の共有に向けスタート 【8月】 「牛串 萬の」開発…JR天王寺・北口に1号店開店
2012年 【6月】 大阪市天王寺区にセントラルキッチン「Mannoya Beef Factory」(肉道場)開設
2011年 【9月】 大阪市中央区三休橋に一切れオーダー(全40種類)可能な「焼肉萬野ホルモン舗 三休橋」を開店
2010年 【2月】 肉屋のブラックゾーンを打開する為、㈱萬野屋 主催の「食肉 食べ比べ会」発足(全国より飲食店関係者が集まる) 【8月】 大阪市中央区に「mannoya Beef Garden Amemura」を開店
2008年 日本LCA主催「外食クオリティサービス大賞」全国8000店舗ファイナルプレゼンテーション進出で3位を受賞 【5月】 大阪市天王寺区 JR天王寺・北口に「焼肉萬野・ホルモン舗」開店
2007年 他社店舗マネージメント及び食肉研修(7店舗実績)
2006年 「焼肉萬野ホルモン舗」店舗展開の準備室スタート インターネットコミュニケーションツール「サイボーズ」導入
2005年 【4月】 大阪市阿倍野区に「やきにく萬野・北畠」開店 ・山形牛販売特約店認定、大和牛販売指定店取得
2004年 【10月】 大阪市天王寺区上本町に「焼肉萬野・ホルモン舗」開店
2003年 ㈱萬野総本店、良精畜産㈱を独立開業の為、退社有限会社プロジェクトライフを株式会社萬野屋に変更し、萬野和成が代表取締役に就任
2001年 IngryMongryを朝引きホルモン料理「萬の屋」に業態変更
2000年 【8月】 「やきにく萬野」隣接地にてRestran & Bar「IngryMongry」開店
1999年 【6月】 大阪市天王寺区のJR環状線ガード下に「やきにく萬野」開店
1997年 個人会社として有限会社プロジェクト・ライフ社 設立